事業主への補助金、助成金制度

これから事業を開始しようとしている起業家さんに、チャンスかもしれません。

国や法自治体等が、事業者に補助金を搬出する制度が立ち上がりました。個人事業主として、起業を考える人々や、法人化への事業展開を試みる人など、新たな取り組みを試みる事業者に朗報ともいえる制度です。

 

【創業補助金】上限200万円

【ものづくり補助金】

【小規模事業者持続化補助金】

 

などが、代表的な補助金制度です。

 

これらの補助金制度を利用するには、申請資格と審査が必須となります。

事業の今後の社会貢献、事業的伸びしろ面や、事業設立の妥当性、信頼性、継続性など、多方面から総合的に審査されます。一度、申請に関するマニュアルなど、目を通してみると、皆さんの飛躍を後押ししてくれる存在になるかもしれません。申請に大切なことは、事業コンセプト、プロセス、収益などを、見える化しているかといった、事業の透明性がまず重要です。また、そういった、事業内容を伝える力も必要不可欠となります。

 

【創業補助金の主な審査ポイント】

  • 事業の独創性
  • 事業の実現可能性
  • 事業の収益性
  • 事業の継続性
  • 資金調達の見込み
  • 認定支援機関による支援の確実性